Evolve25    サンダーバード2号    KIBUNYA 製作 オートジャイロ、スチレンローター編

Evolve25  このクラスとしては、良い飛びをします。 モーターは、FSD FC3542−6T 920KV  3セル2400〜3000 ペラ12×6 で十分は引きをします。ただし、このモータだとサイズが長く少しとび出しますね。
アンプは、70A付けました。カバーは、磁石ですが、ちょっと弱くナイフエッジしたら外れました。予備の磁石?みたいなのが入っていたので、それで、何とかするのでしょうか? フルエルロンになってますが、翼短エルロンの方が良いのでは?ラダーも少し小さい気がします。
3セル3000で、10分以上飛びますね。 コロナのデジタルサーボ使いました。精度は、良いと思いますが、飛行中にエルロン1個がロックしました。たまたまこのサーボだけかも知れませんが、気になったので、全部ウェイポイントに交換しました。
日向のKさんが、サンダーバード2号をEPPで作ってきました。素晴らしい出来です。 ラダーは、モータを左右に動かしてます。これで、上手く旋回できますね。本来なら、モーターは、埋め込む予定だったらしいのですが、工作の都合上、出したそうです。
フォルムは、プラモデルを参照したそうです。 できれば、噴射口にダクトファンを付けたいところですが、体育館で飛ばすには、まず無理でしょうね。屋外用なら上手くいくかもしれませんね。

サンダーバード2号ビデオ

延岡市市役所横のKIBUNYAマスター製作のオートジャイロ

試行錯誤の上、かなりの完成度で出来上がりました。
ローターの取付け部のフラッピング、取付け角、モーターダウンスラスト、エレボン等かなりの完成度で
す。今日は、強風で巻いていたにもかかわらず、素直な操縦性で飛ばせました。
写真は、木製ローター使っていますが、スチレンでも同等の性能が出るようです。

オートジャイロのビデオ


スチレンローター編

戻る