元に戻る

 

「法華経受持者が釈尊より上(常識で考えてそんな事あり得ないのが解らないでしょうか?)」他こまごまと。につて

 

 

 

 

「法華経受持者が釈尊より上(常識で考えてそんな事あり得ないのが解らないでしょうか?)」他こまごまと。

 

↑樋田氏の主張です。きりがないので一点だけ。

 

 

日蓮大聖人が久遠の本仏であったことの簡明な道理

 

↑この中で樋田氏は、

 

 

釈尊は、自ら、成仏した時から、大集経で説かれる、白法隠没までの「有効期限」のある仏であると、示している。

と、宣言しています。文の引用はありません。

 

この「釈尊」とは何を指しているのでしょうか?これまでの議論では、「(釈尊の)法華経」だと読めますね?

 

で、それが尽きたら「日蓮大聖人の法華経」だと。

 

この議論から、法華・涅槃に説かれる「如来常住」はどういう位置づけになるのでしょう?

 

 

 

元に戻る