元に戻る

 

 

法身大日如来など仮想仏では衆生は救われない への反論

 

 

 

法身大日如来など仮想仏では衆生は救われない

 

↑仏身に対する解釈と法を説く正当性の根拠の関係を示さず、ひたすら自分勝手な議論をする樋田氏ですね。

日蓮正宗をするとこういう性格になっていきます。

私はそれが嫌で日蓮正宗を辞めたのです。

まぁ、唯我独尊の教えというのはある意味求めるのが楽です。

ですが、今回は少しだけ「法を説く根拠の正当性」に触れられているので反論しておきます。

 

 

    だから、その真言伝持の八祖自体が後にできた信仰仏教教団の真言宗が勝手に何の根拠もなく言いだしたこと。
それのみならず真言宗自体が矛盾と虚言のデパートのような宗派なんだから、それを根拠にして真乗の正当性をいかに主張しても、全く無駄!と指弾しているのである。

 

 

これって、「とにかく俺が正しいの!真言宗なんて出鱈目だし伊藤なんて詐欺師」と誹謗中傷しているだけですよね?

 

それこそ「伝持の八祖に根拠がない事」の根拠を示さないと。

 

私は、まさに伝持の八祖を根拠に伊藤 真乗師の正当性を主張しているのです。

 

 

 

ここで、真言宗自体が全くの邪教であることを更に追及し、
しかもその真言宗を自身の系譜の正当化を謀る為に使っている伊藤真乗が言いだしたことと、弘法の言っていることが大いに矛盾していることを指弾する。
これで分からなければ、ただの愚人ですね。

 

う〜ん?

私は真言宗自体の教義には興味ないですが、それが伝持の八祖を否定する内容なら拝読しましょう。

 


--------------------------------------------

「大日如来」の矛盾(真乗のいう「久遠常住釈迦牟尼如来」も同様)

そもそも本来、「仏」とは一身即三身・三身即一身にして、法・報・応の三身が即一身に具わり、はじめて衆生済度の力用が生ずるのである。
それを各々別個の法身仏・報身仏・応身仏とするならば、何の用も益もありえない。
ここが全く分かっていないから仏法に混乱しているのである。

「法」があっても、それを悟る「智慧」がなければ法はただ存在するだけである。
しかし、「法」がありそれを悟った「智慧」があっても、それを実際に娑婆世界(現実社会)に肉体を持って出現して、法を説かなければ、衆生は救済されない。
法・報(智慧)はそのまま応身に備わっていなければ、何の用も益も生じない。
この原理から、三身即一身 一身即三身 としての仏が最尊・最極となるのである。
釈尊は当然そう説いている。それが法華経にしか説かれていない原理 一念三千である。

 

法華経以前の経々に、法身・報身・応身のそれぞれを各別に示しているのは、仏の徳性の一面のみを顕わしたのであって、すべて仮の仏の姿である。
これらの仏は、ひとたび『法華経』の十如実相が説かれれば、三身相即の円満無欠の仏に摂せられるのである。

 しかるに真言宗では、大日如来を法身、釈尊を応身と立て、あくまでも法身と応身とを別個に対比し、法身・大日如来の最勝を述べているが、これは爾前経の域を一歩も出ていない偏頗な仏身論である。

それは、伊藤真乗が言うところの「久遠常住釈迦牟尼如来」という概念も同様である。
実体がない、ただの理上の仏であり、仮想仏である。そんなものは「法」を実際に説けないのである。
現実にリアルに衆生に語り、衆生の悩みを聞き、そして衆生を救済できないのである。

 

 

 

これは?

 

じゃぁ、昔、釈尊を教化したという「久遠元初の佛」なるものは法・報・応の三身があったのですか?

 

 

そもそも真言の「付法の八祖」の2祖まではメタファーだと解らないですか?

 

わざわざ「伝持の八祖」と別けて法の系譜を立てているのは、即身成仏できるという事のシンボルでしょう。

 

つまり、行者は大日如来を念じ、行を行い、成仏する。

 

行者が大日如来を念じず、行もしなければ悟らない。

 

これが貴方の言う 三身即一身 一身即三身 でしょう?

 

法身・報身・応身が一体化して行者に現れるって事でしょう。

 

解ります?

 

真言ってのは「即身成仏する」という事が前提なのですよ?

 

釈尊(応身)も行者も同じように行を行って悟るのです。

 

経典を読んで悟るわけじゃありませんよ?

 

で、釈尊の過去の成仏は日蓮正宗では上行菩薩の教化でしょうが、真言では大日だったとすれば矛盾ないでしょ?

 

 

あとね、この一文

 

 

それは、伊藤真乗が言うところの「久遠常住釈迦牟尼如来」という概念も同様である。
実体がない、ただの理上の仏であり、仮想仏である。そんなものは「法」を実際に説けないのである。
現実にリアルに衆生に語り、衆生の悩みを聞き、そして衆生を救済できないのである。

 

 

では、伺いますが心ってどんな形をしていますか?

 

仏様のご内証って必ず言葉で語られないと解らないものですか?

 

貴方が仰っているのはその類の事ですよ?形のないものは存在しないと言っているに等しいのです。

 

さらに言えば、「南無妙法蓮華経」と書かれた髭曼荼羅。あれは、しゃべるのですか?

 

無形の佛を有形に信じるのが信心と言うものでしょう?

 

 

「智慧が言葉をしゃべるのですか?」などと書いてきた時点で、もう貴方は壊れています。

 

「お前のかーちゃんでーべーそ」より低次元です。

 

 

議論と罵倒の違い、解ります?

 

私は、罵倒は求めていません。破折とは単なる罵倒ですか?

 

きちんとした根拠を示してこそ議論であり、破折なのでは?

 

冗談でなく真面目に病院に行くべきです。

 

脳機能の低下がみられます。

 

明らかに議論開始当初の樋田氏ではありません。

 

 

 

元に戻る