元に戻る

 

日蓮正宗の教徒の方へ

 

 

私は、M.Mと、申します。(実際には実名だったが伏せます)
県に住んでいます。
2003
12月に、ダンナの実家を建て替えて、この地域にきました。
隣組、回覧板を回したり、のくくりに、Kさんというご家族と知り合いになりました。
その家の奥さんは熱心な真如苑の信者です
先月の中旬くらいに、たまたまゆっくりお話を我が家の玄関でしました。

「来年で、尼僧の資格がもらえるのよ!」

と、喜んで言うのです

「真如苑の信仰で、私でも人を導くことが出来るのよ

と、言うのです

私がKさんに出会って13年になろうとしています。
現在、30代であろう二人のお子さんは、無職で精神病を患い、ダンナさんも精神病です。
最近は、長男の暴力にたえかねて、近所に娘とご自分は別居されています
生活は荒れ果てる一方で、今年の6月くらいには玄関の引き戸のガラスが割れて、今、片面は大きなベニヤ板が貼られています
K
さんご自身も、薄黒い、生気のないお顔になられて、私は胸がいっぱいになりました。

 

 

お優しい方ですね。

 

そのKさんの為に、宗派は違っても一緒に祈りましょう。

 

Kさんも御辛いでしょう。頑張って欲しいです。

 

私も辛く苦しい人生を送って来ました。

 

私は自分でいうのも変ですが「恵まれた子供」でした。才能にも環境にも。

 

何もかもが自分の思い通りになる星の下に生まれてきたと思っていました。

 

多分、真如苑をしていなければ今頃、財務省主計局で出世街道を歩んでいたと思います(真如苑をしているとそういう事が何となく解ります。つまり、真如苑で「不幸」になっていると)。

 

真如苑という宗教をしたから、お金が儲かるとか異性にモテるなんてことは全くありません。

 

ただ、「不幸ですか?」と聞かれると「幸せです」と答えるでしょう。

 

たった一本のケーブルでパソコンが動き、そのおかげでこうして文字が流通する。

 

そんな小さな相互依存関係が目に入るのです。

 

今でも困難を抱えていますが、それが修行だと思うとありがたいです。

 

樋田氏にうんざりしながらも、こうして頑張るのも、「私へむけられた樋田氏の善念」が手に取るように解るからです。

 

佛教って何でしょう?

 

当たり前でつい見逃してしまいがちな「み佛のお恵み」に気が付くだけの智慧を、「常楽我浄」を得るためのモノだと私は思っています。

 

環境が幸不幸を左右するのではない、自分のようなものでも誰かの役に立っているかもしれない。また、自分も活かされている。

 

そんな大きな視野が広がることが「佛果」だと私は思っています。

 

若い頃、他人なんてどうでも良かった。それがどれだけ傲慢だったか?

 

それを懺悔できた事だけを以てしても、私は今死んでも後悔はありません。



真如苑のSさんのいう、文証と、理証が正しいのなら、なぜ、このKさん家族は、幸せになっていかないのか
真如苑の信仰が正しいのなら、来年でそれなりの資格をいただけるまで熱心な信者の家族は守られないのか!

私は、本当に力のある信仰は、少しずつでも、人間に、心を一つにし、心を整わせ、智恵をわかせていくことが出来ると思います
改悪改善(ママ)、自分の悪い部分を改めて、生活がより良いものになっていくんじゃないのか


 

そうですね。

 

真如苑の信仰をしていたら幸せになるべきです。

 

「物心一如」とも言われています。

 

心が救われれば、形も救われると。

 

ただ、何の困難も乗り越えずに悟りに至れる事は、真如苑ではありえません。

 

開目抄にもあるでしょ?

 

「我並びに我が弟子、所難ありと雖も疑う心なくば自然に仏界に至るべし。(中略)拙き者の習いは約束せし事を、まことの時はわするるなるべし」

 

仏道修行とは、命を懸けないと解りません。

 

つまり、そういう究極の環境が現れてくる事こそ、正しい修行をしている証だと私は思います。

 

私は、まだまだ勉強不足です。
私の身近にいる真如苑のKさんと、今回の樋田さんと、Sさんのやりとりで、感じたことを書きました。

 

真如苑だろうが日蓮正宗だろうが、私たちはいくら経典を研鑽しても、いくら議論をしても経験にはなるでしょうが、それだけでは救われないと思います。

 

私はたまたま真如苑の中では理屈に強い方なので、樋田氏とのやり取りを見て頂いて感じるところがどこかにあれば自分の個性が活かせると思ってやっています。

 

現に、こうしてメールも届いたとの事、それで日蓮大聖人の偉大さを再確認できたというならそれはそれで私はお役に立てたと誇りに思います。

 

 

 


涅槃経には、苦悩にあえぐ人たちを救う力がない。
日蓮大聖人の、南無妙法蓮華経に、すべての人たちを救う力があります。

 

 

 

そうかもしれませんね。

 

私も時々感じます。

 

悩んでいる方、苦しんでいる方、宗教は何でもいいから心が楽になってほしい。

 

大般涅槃経を学べば、大苦悩を生じますがそれを乗り越えれば心が自由になります。

 

日蓮大聖人の仏法では得られなかったのはそこです。

 

ただ、貴女様にとって日蓮大聖人の法華経が心の支えであり、真実の教えだと思うなら一所懸命に頑張ってください。

 

私は真如苑が絶対だとはまだ思っていません。

 

本当に仏道を成就できる教えが他にあるなら、それでも良いです。

 

ただ、日蓮正宗(当時の創価学会)、キリスト教と、それなりに学んでみて真如苑は対象にしている世界がまるで違うと識っただけです。

 

現世利益なら絶対、日蓮正宗の方があると私も知っていますよ。

 

元に戻る