元に戻る

 

 一念三千?

 

釈尊は当然そう説いている。それが法華経にしか説かれていない原理 一念三千である

 

もう言いたい放題ですね。

 

釈尊が、いつ、どこで、何の経典に「一念三千」とか説きましたか?

 

一念三千をでっち上げたのは天台智だという事は素人でも知っています。

 

 

 

 

法華経以前の経々に、法身・報身・応身のそれぞれを各別に示しているのは、仏の徳性の一面のみを顕わしたのであって、すべて仮の仏の姿である。
これらの仏は、ひとたび『法華経』の十如実相が説かれれば、三身相即の円満無欠の仏に摂せられるのである。

しかるに真言宗では、大日如来を法身、釈尊を応身と立て、あくまでも法身と応身とを別個に対比し、法身・大日如来の最勝を述べているが、これは爾前経の域を一歩も出ていない偏頗な仏身論である。

 

 

 

偏頗な仏身論

 

と言えるのは何故ですか?

 

なぜ法身と応身を別に立てたら偏頗なのです?

 

日蓮大聖人なり天台智が言っているだけでしょ?

 

我々衆生は、三身相即とかどうでも良いのですが?

 

日蓮大聖人も天台智も職業でやっていたから時間も金も研究に費やせたでしょうが、私たちはそうではない。

 

 

 

 

元に戻る