元に戻る

 

 

失礼だが日蓮正宗はつまらない!それが仏法ですよ!

 

 

私たちの不毛な議論(もはや議論とは言えませんが)を複数の方々がご覧になっていたとは驚きです。

 

面白い事に、樋田氏は過去の本佛に法・報・応具足の如来が現れ過去佛としての釈尊を教化したと。

 

なぜ、報・応 具足まで言えるのか?

 

それは、久遠元初の佛も円環性という輪廻の範疇にあるのだからと。

 

ここに、法華経が解脱の教え足りえない事を自ら宣言しているのにまだ私が樋田氏を無慈悲に追い詰める必要がありますか?

 

 

 

しかし、議論が進むにつれ、自宗の正当化を図ろうとする度に、自身が大事とする筈の道理や論理から外れた言となっており、

 

 

具体的にはどこですか?

 

そもそも論点が何か御承知いただいていますか?

 

樋田氏が主張している事が、その論点とどうかかわっているのか貴方は理解しておられるのですか?

 

私は壊れた相手には相応の対応しかしませんよ。

 

相手の逃げ場のない所まで相手を追い詰めるより、バカ話の感覚でリラックスして話し合えばいいじゃないですか?

 

人間、ユーモアとか余裕がなくなると良い仕事はできませんよ。

 

 

 

邪教の害毒に冒され曲がり腐った根性が文章に滲み出ていますが、読む度に、私にはこの方が、この方の仏性が「苦しい。救って欲しい」と叫んでいるように感じられ、名前も知らない真如苑の信徒をお救いくださいと御本尊様に御祈念せずには居られなくなります。

 

 

 

まるでマジック・ミラーのように同じ感想を私は、貴方たち日蓮正宗の教徒の方に持ちますよ?

 

尤も、日蓮正宗の方々は苦悩や苦労はないでしょうね?

 

私もかつてお世話になったからよく知っています。

 

お題目をあげて、座談会に出席してればよいだけですからね。

 

周りは慰めてくれるし、褒めてくれるし、それは人間的には元気が出ましたよ。

 

今でも創価学●の方って元気溌剌な人、多いじゃないですか?

 

後は、他人を打ち負かすための理論武装の為の勉強会。まるで、「現代の僧兵」だと思ったものです。

 

十八円満抄に云く
「智者・学匠の身と為りても地獄に堕ちて何の詮か有るべき」

持妙法華問答抄に云く
「然るに人皆・経文に背き世悉く法理に迷へり汝何ぞ悪友の教へに随はんや」

 

 

私に言わせてもらえるなら、地獄だなんだと脅して相手を恐怖に陥れて引き込むやり方は、真実の救済力がない証拠でしかありません。

 

 

 

「如来は苦を受けて苦をしらず 衆の受苦を 己が苦と為す

 

衆生の為に地獄に入ると雖も 苦想を生ぜず

 

一味の大慈の心を具えて 衆生を憐れむこと 子想の如し」

 

(大般涅槃経迦葉菩薩品第二十四)

 

 

 

私が創価学会(当時)を離れた時、私は自分が地獄に落ちるのではないかと悩んでいました。

 

佛(伊藤 真乗)は私に教えてくれました。

 

「何があっても救う」と。

 

 

「君(私の事)が地獄に落ちるなら、佛(伊藤 真乗)も一緒に地獄に落ちて何があっても救い上げる。

 

君(私の事)は地獄に落ちる。但し、それは君(私の事)が地獄の苦しみに悩む人々を佛(伊藤 真乗)のもとへと連れてくるためである」と。

 

 

その夢を見た後、出会ったのが上記の迦葉菩薩品です。

 

私が一番好きな大般涅槃経の文です。真乗直説だと今でも思っています。

 

「地獄に堕ちる」と切って捨てるのは簡単です。

 

ですが、菩薩は四弘誓願の志を棄てません。

 

 

 

 

 

 

私は菩薩ではありませんが、そのようでありたいと思っています。

 

でね、議論ばかり見ていてもつまらないでしょ?

 

だから「はい!論破!」とか「犬とか電柱とか人の迷惑にならないもの相手にやってくださいね」とかブレイクも入れないと。

 

古文ばかり、何万字も読めますか?

 

これが、方便という奴です。

 

 

 

元に戻る