元に戻る

 

 

 

はい!終わり!

 

 

お詫びして訂正などしてほしいとも思わないし、しないでしょうが一応。

 

 

 

涅槃経P177 67

善男子、我上に説くが如く、正法滅し已(おわ)りて正戒を毀(やぶ)る時、増長破戒、非法盛なる時、一切の聖人隠れ現ぜざる時、奴婢不浄の物を受け畜(たくは)ふる時、是の四人の中、當に一人有りて世に出現し、鬚髪を剃除し出家修道すべし。
諸の比丘の、各各奴婢、僕使不浄の物を受畜し、浄と不浄と一切知らず。
是れ律、非律も亦復識らざるを見る。
是の人是の如きの諸の比丘を調伏せんと欲するが為の故に、與共(とも)に光を和ぎて其の悪に同じうせず、自の所行の処及び佛の行処、善能(よ)く別知す。
諸人の波羅夷を犯すを見ると雖も黙然として挙せず。
何を以ての故に。
我世に出で、正法を建立し護持せんと欲するが為に、是の故に黙然として糾治せず。
善男子、是の如きの人、護法の為の故に所犯有りと雖も破戒と名けず。


--------------------------------------------

     あれ?今までこれ真乗出現の予言として引用して来なかったではないか?
急にコソッと出してきて、一体何なんだ?
真乗の予言の箇所となれば最重要な箇所であり、信徒一同、丸暗記すべき所ではないか。
それを私が訊いた最初の時にはこの文は全く触れてなかった。
それ自体で、もはや真如苑惑乱者がいかにいい加減な態度で仏教に、仏典に臨んでいるか分かろうというもの。

その上で詰問する。

@
 この経文のどこが、どういう風に真乗だけを特定できるのか?

A
 鬚髪を剃除し出家修道すべし。  ここだけで、もうアウトであろう。
真乗は、髪を綺麗に剃髪してないし、しかも 出家していない! 残念! これで終わり。

 

@ について

 

正法滅し已(おわ)りて正戒を毀(やぶ)る時、増長破戒、非法盛なる時、一切の聖人隠れ現ぜざる時、奴婢不浄の物を受け畜(たくは)ふる時、是の四人の中、當に一人有りて世に出現し、鬚髪を剃除し出家修道すべし。

釈尊滅後、2500年になんなんとする歴史上、涅槃経を弘めたのは伊藤 真乗師ただおひとりです。

 

 

 

涅槃宗も説けなかった。

 

 

弘法大師もとけなかった。

 

 

 

日蓮大聖人など、説けないどころか文を盗み取って、己の好みに合わせると言う有様。

 

 

 

 

A 真乗は、髪を綺麗に剃髪してないし、しかも 出家していない! 

 

 

 

貴方、たしか真如苑の霊能者との対談で「阿闍梨になるくらい、自分でも数年もあればできる」と仰っていましたね?

 

やってみてください。

 

出家せずに阿闍梨になるなんて絶対に不可能です。

 

 

伊藤 真乗師が出家していない?

 

 

貴方の「出家の定義」は何ですか?

 

頭を坊主にすれば出家だとか言いませんよね?

 

それなら私の家の近くの中学の野球部やバスケ部は、皆、出家ですか?

 

 

 

 

元に戻る