元に戻る

 

大般涅槃経四依品

 

 

     惑乱者よ。実に醜い足掻きだ。。。。惨めな人だ。
では行きますよ。

どんなにそれこそ「凡夫」の頭で自己正当化を謀るために理屈を捏ね繰り回しても無駄。

涅槃経に曰く 
「仏の出世の文字を受持せよ」 

無量義経に曰く
■ 善男子、是の如き甚深無上大乗の無量義経は、文理真正なり。尊にして過上無し。



これらの文が「言葉(文字)が絶対だとの文」だとすれば、大般涅槃経四依品の

 

「義によって 語に依らざれ

 

との関係はどうなりますか?

 

重箱の隅をつついていれば矛盾が出て当り前。

 

 

 

 

元に戻る