《熊本県人が、イメージしている脳内保存地図》

     地図には描けない→『市役所』、『国土地理院』も書類に起こしていない、熊本地域文化の中で蓄積されているイメージマップを、『言い習わしの地名、通り名』等をテキストでお知らせしようと考えております。具体的に表現すると、『地域の名称』『通りの名称』を『通称』でお知らせして、無機質なマップより、熊本市民の血の通ったマップイメージが形成出来るのではと考えております。    ところで、京都の地理がわかり易いのは、『通りの名称』が住所だからですねぇ。多少長ったらしくても、どの辺りなのかが理解し易くて、生活感が濃い住所表記です。  他の地域は概ね、役所が管理し易い様な住所表記で、不動産売買、郵便物配達等では便利かもしれませんが、一般生活人が、その住所表記地点に出向いて所用を果たすには不向きです。  『熊本交通文化』『熊本タクシー文化』『熊本バス交通文化』『日常生活の所用で、そのポイントへ行くには』の場合で、便宜的に人々が言い交わしている『地名』、使っている『通りの名称』は、慣用的で、通称的です。『熊本市』『熊本県』『教育委員会』『国土地理院』『法務局』『不動産売買センター』『税務所課税台帳』等が資料として保管整理している地名地番のようにテキスト化、文章表記されていません。(具体例、『競輪場通り』)  熊本都市圏の広範にわたる『通称地名』を詳細に記憶する事は不可能です。(文章化、テキスト化されていない。あくまで、日常コミュニュケーションの中で便宜的に交わせれる『通称』『判り易い地名』『誤らずにたどり着ける地名』『短時間に、最短距離で結ぶ道路名称』『昔から伝わる地名』)  

※『文化の中の生きた地名=通称』を理解、記憶した方が能率的で、『熊本文化』を吸収した事になります。熊本に限らず、『地名』は文化に裏打ちされています。

※タクシーで、運転手に目的地を正確に伝える一番確実な言い回しは、『○○通りの有名施設××の先まで行きたいのですが』ベストなのです。タクシー運転手の『記憶の蓄積サーバー』には、市役所や、郵便局で使う『住所、番地』での『検索が利くキーワード』はありません。タクシー利用者は『通称』で指示をし、その蓄積が運転手の経験財産なのです。  通行人に道を尋ねる場合も同趣で、『通称』で聞かないと、『住所番地』では、日常コミュニュケーションの履歴の中を、『検索』しても、何も見つかりません。「道を教えて頂けせんか?」と言っても、慣れない『住所、番地』では、助力してあげたいのに、さっぱり検討がつきません。  『通行人と旅人の、この場面、情景』が、『乗客の行き先指示』で、タクシー車内で起こります。

上に戻る


《地形を熟考した『加藤清正公』の「都市計画」=『城下町熊本』造り》

 

 旅行、仕事、転勤、営業、長期滞在等で、その成果を図る戦略を練るのに熊本の地図を取り出して、「日本3大名城の一つである『熊本城』が陣座する『城下町熊本』はどう攻略して良いものやら理解し辛い、城下町というのは、覚えにくいなぁ!」と云う声をよく聞くことがあります。 地形を熟考した『清正』の戦略、戦術的を探っていきましょう。小集落程度の『隈本村』を、『城下町熊本』に更新再生させたのは、『加藤清正』です。熊本平野部の治水工事が土台となっています。その250年後の明治維新から太平洋戦争終戦までに、九州管区の政治的中心都市としての肉付けがなされましたが、骨組みは築城当時に『加藤清正』が作り上げたものが土台になっています。  大阪生まれ、大阪育ちで、熊本在住40数年の個人タクシー運転手が、運転手として地図を覚えていった要領を思い出しながら、清正の築いた土台を参考にして分析、情報発信いたします。

上に戻る

《『大阿蘇』の火山灰を白川がならし敷き詰めた地形》

 

熊本市域の地形
阿蘇、熊本空港,市内の距離感を掴むためのイラスト

繁華街の地図と 通りの通称 白川





まず、
 九州中央山地の背骨より少し西にずれたところに『大阿蘇カルデラ』が噴火したのです。規模的には、世界有数の火山で、もう少し詳細に言うと、『阿蘇のカルデラ』は名実共に世界一で、大きさから言っても、陥没の深さから言っても、冴え渡る優美さから言っても、地下水生成貯水能力から言っても他の火山カルデラを圧倒しています。(阿蘇カルデラは、周囲128Km、最大水深→湖が存在していると仮定して400m。屈斜路カルデラは、屈斜路湖は周囲57キロ、最大水深117メートル。)
 地形形成も、阿蘇カルデラが決定的影響を与えています。太古に存在したと言われる『阿蘇カルデラ湖』は、水深400mで、湖底が標高500mです。つまり、標高の高い位置に、多量の水を貯め込んだダムがあったと想像してください。ダム壁を形成していた西外輪(火山礫、火山岩で構成された、ひ弱い地層)山は、水圧に耐えきれずに崩壊しました。断層地震に拠る崩壊とも説明されています。
熊本市内東端からでも、建築物が目隠しにならない位置、外輪山の見晴らせる位置に立つと、『立野火口瀬』のV字型に決壊した谷間がハッキリ視認出来ます。大津町から、菊陽町、熊本市は、湖水が溢れ出した洪水による沖積平野、洪積平野である事が一目瞭然です。逆の東から西への展望景観として、『草千里展望台』、『西原村の空港滑走路が見渡せる展望台』に行くと、→有明海、雲仙普賢岳まで展望できる、逆の景観が開けます。
 熊本市内は、カルデラ外輪のすそ野の最下部から始まり、白川沿いに17Kmぐらい西へ行くと熊本城の丘陵にぶつかり、そのまま同じく17キロぐらい西に向かうと有明海に出ます。熊本城と有明海の間に、テレビ塔が設置されている死火山の金峰山が聳えて、有明海からの風をブロックしてしまっています。金峰山の裏に『河内』という漁港があり、日本四大みかん産地の『熊本市河内』があります。洪水の痕跡は、東から西に流れて、熊本城にさえぎられて迂回南下して、再び西に下り有明海に消えていきます。
 火山はおおむね、どの火山も地下水をたっぷり溜め込んでいます。阿蘇は噴火規模が大きい為に、また、カルデラ=大鍋である為に、地中に吸い込まれる地下水はものすごい量で、また、火山礫、火山灰が、吸い込むように保水貯水してしまうので、熊本市にとっては、人工的に灌漑用地下ダムを設置したかの如くに、天然に、水道資源準備万全の熊本73万人都市となっています。熊本市域生活用水道水は、すべて地下水の『阿蘇カルデラ伏流水』なのです。 ところが、良いことばかりではありません。豪雨の際に表面を駆け流れる雨水はしばしば大洪水を起こします。白川の濁流となり、外輪の土石を押し流して、金峰山の麓の高みで滞留して、低湿地に積み上げて、ならしたところが”熊本城下”の”熊本市街地”なのです。

上に戻る

《都市圏比較表》

1札幌大都市圏、仙台大都市圏、関東大都市圏、新潟大都市圏、静岡・浜松大都市圏、中京大都市圏、近畿大都市圏、岡山大都市圏、広島大都市圏、北九州・福岡大都市圏の10大都市圏に続く、11番目が熊本都市圏。人口約148万人(熊本市は、約74万人)
この都市規模で、ほとんど全部水道水を地下水が賄っているのは熊本都市圏だけです。

  ※降雨量の1/3が表層を流れて、白川になり、有明海に流れ込みます。
          1/3が蒸発します。  1/3が地下水脈を流れる
 年間降雨量は、阿蘇地域が熊本市地域(他の都市の平均と同じ)の倍多いという、 新聞記事をみた事があります。(熊本日日新聞)
 阿蘇は、山間部である事も多雨の降雨量に影響している。加えて、湿気ったモンスーンの西風が、阿蘇カルデラの谷=立野火口瀬を東に駆け上がり、冷やされて霧に煙る景色を57号線で、しばしば目にする。

  地下水が豊富というのは、平野部では、地下水が内出血のように、地表や、地下を巡り、農業用水路を作り、湧水河川、湖沼が多くて、小河川が多いということで、道が作り難く、田は牟田、無田という、水没した田でできていて、生活用道路も川を迂回したり、橋のかかっている道へ迂回したりと、目的地に直線で辿り着けません。(碁盤の目のような都市整備がし難い)
 小さな村落や、集落が交流を隔絶されて、地域の独自性が進み、勢い独善的になり勝ちで、肥後モッコスな固陋な、気質が醸成されます。
肥後は各地の豪族が独立独歩で、加藤清正の、武力、知力、治水政策が無ければ、対抗出来なかったようです。

上に戻る

《熊本市の位置は、商業貿易用港湾の東裏の山『金峰山』のその東裏に》

 直接、外港から大船で攻め込まれない地形を選んだのではないかなぁ、、?と思います。
 加藤清正は清正公様(せいしょうこうさま)という神様になっています。信者は全国規模でおられます。清正は、肥後に封ぜられたときに、熊本城をつくり、治水河川工事を行い、熊本市の基礎工事を行っているのです。天下の名城の天主で威圧して、独立独歩な、肥後モッコスな固陋な国衆を靡かせました。(今も、熊本の骨組みは清正の当時と変化はありません。細川家の手は入っておりません。細川家は、清流から湧き出る文化を守り、育てた。)川筋はおおむね、白川が東から西へ流れているといういうように、坪井川、井芹川、加瀬川、緑川ともに、蛇行しながらも、東から西へ流れています。(熊本城から西側の=古称で古町地域=新町、堀端、職人町、、、細工町等の地域は、『坪井川のお堀』が、唐人町、細工町等をぬって、熊本駅周辺までがクランク状なのは、商業用水運設備です。城下街の名残りです。)
 加藤清正は茶臼山に大規模な平城を作ったのですが、白川を外堀、坪井川を内堀にするため、流れを北東から南西へ、白川を弓状に、坪井川を
直線が折れ曲がったクランク状にしています。そして坪井川沿いに、商家を作らせ、城下町としました。清正は西向きに正門を作り、そのまま城下町へとつないで、坪井川を西へ下り、有明海の水運を活用して、有明海出て、南蛮貿易、商業振興を図ったのです。熊本城の弱点は、商業振興地の西側地域だと言われます。(仮装敵は進入し易い城下町を席巻しつつ、進行してきます。)
商業振興を重視しています。(小西行長=堺商人出身大名=肥後半国領国、と同様に、有明海経由の南蛮貿易を視野に入れています。)
 熊本の街は、西南の役の焼き払いと第二次大戦の空襲の二つの戦火で、街の様相がガラッと変っています。熊本城の西側こ城下町の佇まいを少し残していますが、基本的には城下町独特の、曲りくねった道、旅人を困惑させる、錯覚を誘発させる道ではありません。 
 困惑するのは、一般的に、日本の、他の多くの県庁所在地『都市』が、山間部から海岸部に流れ落ちた主要河川が造りだす三角州=弥生式稲作拠点の、扇状地帯に出来上がります。晴れた日の昼間に、航空機の窓から眼下を眺めると、河川が山間部から海沿いの平野地域に出ると、扇状の三角州を形成して、直ぐに港らしい街が展開している様子が見えてきます。それに対して、熊本市は直に港に繋がるのではありません。『阿蘇カルデラ』が作り出した扇状地帯が、金峰山一の岳、二の岳、三の岳の休火山群に行く手を阻まれて、南に向きを変えて、再び西に流れて有明海に到達する為、湾内一帯に出来上がった港を持つ街では無い事です。港の奥にある河川をさか登った、金峰山の裏奥に、東に広がった都市である事です。東に上る市電健軍線が走る県道28号線=いわゆる『電車通り』、健軍終点を経過して益城町を通り西原村を経由して、南阿蘇村に至る県道が熊本市の背骨=バックボーンです。(交通量は別に考えます。地理を理解していない方は、市電軌道敷が目に見える熊本市のバックボーンと看做して、交差する道の関係を理解して下さい。)(熊本の地理が難しいのは、バックボーンに対して交差する道が90度では無く、斜め45度が主要道に多い。変則五差路も多い。悩ましい!)

現在の繁華街は、細川様の『お花畑屋敷跡』の部分が、闇市化して出来上がったようなものです。
城下商家街の外れであったのが、現在の中心街(東の町外れが中心に)です。(現市役所の裏辺りが歓楽街と解釈して良い)

上に戻る

《金峰山は、熊本城の西、市街西端》

(視界を市内部へ移します。)
 熊本城と有明海を結ぶ直線上に『金峰山』という死火山があります。火山ですからニョキニョキ立っています。平地に、ポッコリと、急激に立ち上がる山は大概、『火山』です。富士山などは典型的ですね。熊本市はこの山で分断されており、平野部に、ニョキッと建っているのでテレビの電波塔が設置してあります。航空機の安全を図る為に、夜間の赤色等が目立ちます。(東京で喩えると、東京タワー、スカイツリー)
(我々運転手は、夜中に田園地帯の客=郡部の客を輸送し、畦道を右左と誘導指示されて、方向感覚がズタズタになって、帰り道が解らなくなったら、テレビ塔の(航空機警告用)赤ランプを捜します。田園地帯からは、金峰山のテレビ塔は見付け安目印になる。それで、自分の居る位置、方向の検討が付き、帰り道の方向が理解できます。(区画整理された圃場の、田園地帯の農道では、方向感覚を失う)

 金峰山は、高橋立田山構造線上にあります。この構造線=地溝帯は、言い換えると、断層、地盤のズレ、地面の隆起と考えていいと思います。熊本城の茶臼山も、この構造線上にあるのです。道は大きく分断されています。旧国道3号線沿いの『池田町』の中に入ると、細い道が曲がりくねり、方向感覚を奪ってしまいます。上の道と下の道はツヅレになったり、S字カーブになったりして繋がっています。

 花岡山は熊本駅の裏です。構造線でいうと、熊本城の茶臼山を中心として南西に1Kメートルぐらいで熊本駅。立田山は北東へ3キロメートルぐらいのところにあります。麓には熊本大学があります。構造線、白川、坪井川は市内部は、北東から南西に流れています。

熊本城は南東向き 外堀白川の位置からも、鹿児島、島津を睨んでいるような眼差し

上に戻る

《鉄道の線路網の配置をイメージ地図に書き込む》

(線路があると、生活用道路を分断します。踏み切りへ大きく迂回しなければならない)
 熊本から大分へ向う『JR豊肥線』は、構造線、白川と同一の方向で、市内部では、おおむね、東方向に辿って行くと、道は概ね、南西から北東へ走っています。街を出ると東へ走っていると思ってください。 一方、鹿児島本線は熊本駅を中心に南北に走っています。
 市電も地理を判然理解するには、もってこいの目印です。市電の軌道敷は、道路解説には格好の目印。熊本市電の創業は大正14年。昭和初期からの、熊本市のバックボーンが地面に露出しているが如き様相を呈しています。
 南の終点は、田崎橋ですが、次の停留所がすぐ熊本駅です。熊本駅からは城下町名残りの細工町方面へ向かいますが、細工町、米屋町、唐人町、魚屋町といった城下町の少し南側をクランクカーブしながら、熊本城と花畑町(花畑屋敷跡)の間を南北、東西に縦走し、城の長塀が終わる辺りが市役所と向か合っているので、ここから東へ向い一直線に阿蘇方向へ。水前寺公園前を経て健軍終点へ向かいます。 城下町の部分を除けば、花畑町、下通り町上通り町等の繁華街は、南西から北東に上る長方形をしており、理解し易いです。

 ある不動産屋さんの、車内『聞き耳地獄耳話』ですが、住宅街というのは東へ向かって広がる傾向があるらしく、熊本も年代とともに徐々に東へ東へと住宅街が広がっています。 理屈は簡単です、マイカーで、朝出勤する際に、東へ向かうと、フロントガラスに真っ向正面に太陽が来ます。帰途も、西の方角に帰宅すると夕陽は正面です。住宅街が、勤務地の西にあると行きも帰りもまぶしくて危険です。熊本城の西側は山もあり、後背地には不向きですが、このような理屈で、発展が立ち遅れています。 熊本の地理を覚えるには、熊本城の東側の繁華街から、東へ走る道を覚えてください。
 ここで再度、私から一言。
 タクシーに乗って行き先を指示する際に、要領良く的確なのは、○○町××丁目といった『住所番地』での指示ではありません。『住所番地』は、手紙や荷物を配達するためのものです。運転手は住所番地で地理を覚えておりません。記憶のメモリーに於いては、『住所番地』では検索できません。通りの名称等は通称で、目立った建物を目印に覚えております。これは、タクシー利用者が、乗車経験を積み重ねるうちに、最良の、『行き先指示方法』が理解出来て、”上手く伝わる言い回し『行き先指示方法』”で、目的地で用件を果たせた指示伝達方法を、タクシー運転手が何度も、様々な個性の人から、繰り返し、色々な表現方法で聞くため、利用者の地名に対する習慣、文化、郷愁のようなもののエキスを、運転手の頭脳というメモリにマップ焼付けされるからです。(地図に書き込めない、様々な情報が運転手の頭脳=コンピューターに上書きコピーされ続けます。)
〈イギリス、ロンドンタクシー運転手の死体の脳を解剖したところ、記憶を司る海馬が平均よりだいぶ大きかったそうです。〉
水前寺1丁目と2丁目の間の通りなどという人はおりません。競輪場通りといいます。

上に戻る

《思いつくまま通称の通り名を》


@新屋敷通り、A刑務所通り、B供合線C産業道路、D国体道路、E競輪場通り、Fグラウンド通り=武道館通り、G変電所通り
H電車通り I仁王さん通り J立て町通り K明午橋通り L子飼橋通り M黒髪の熊大通り N熊高裏通り(クマタカ) Oクマタカ正門通り 
P出水ふれあい通り Q出水小の通り R八王寺通り S白山通り どぶ川沿い 弥生町 本荘中通り 南熊本西通り b(御船往還)旧浜線 c浜線 d 琴平新道=白山通り西から3号線世安まで



※住宅地の場合、目立つ建物は少なく、個人住宅は類似した造りです。目印の建物ならコンビニが良く使われるようになりました。


※繁華街の奥まった地域は、番地で指示しても全く分かりません。通り名と何カ所かの有名ビルくらいしか判明しません。、何々ビルのスナック何々に行きたいと云われても、余程有名なスナックでないと何処にあるのかわかりません。繁華街は、開店と閉店を繰り返し、入れ替わりが激しく、統一した情報を管理出来ているところはありません。

上に戻る


topに戻る