厚生労働省によって多少金額は変更する場合があります

頭金・一時金必要ありません

利用料(月額)

 

  対象収入による階層区分

 

 事務費

 

 生活費

 

 管理費

 

  

 

 

 150万円以下

 

  10,000

 

  44,810

 

  13,800

 

68,610

 

 

 150 1     160万円

 

  13,000

 

  44,810

 

  13,800

 

71,610

 

 

 160 1     170万円

 

  16,000

 

  44,810

 

  13,800

 

74,610

 

 

 170 1     180万円

 

  19,000

 

  44,810

 

  13,800

 

77,610

 

 

 180 1     190万円

 

  22,000

 

  44,810

 

  13,800

 

80,610

 

 

 190 1     200万円

 

  25,000

 

  44,810

 

  13,800

 

83,610

 

 

 200 1     210万円

 

  30,000

 

  44,810

 

  13,800

 

88,610

 

 

 210 1     220万円

 

  35,000

 

  44,810

 

  13,800

 

93,610

 

 

 220 1     230万円

 

  40,000

 

  44,810

 

  13,800

 

98,610

 

10

 

 230 1     240万円

 

  45,000

 

  44,810

 

  13,800

 

103,610

 

11

 

 240 1     250万円

 

  50,000

 

  44,810

 

  13,800

 

108,610

 

12

 

 250 1     260万円

 

  57,000

 

  44,810

 

  13,800

 

115,610

 

13

 

 260 1     270万円

 

  64,000

 

  44,810

 

  13,800

 

122,610

 

14

 

 270 1     280万円

 

  71,000

 

  44,810

 

  13,800

 

129,610

 

15

 

 280 1     290万円

 

  78,000

 

  44,810

 

  13,800

 

136,610

 

16

 

 290 1     300万円

 

  84,500

 

  44,810

 

  13,800

 

142,910

 

17

 

 300 1     310万円

 

  84,500

 

  44,810

 

  13,800

 

142,910

 

18

 

 310 1円以上

 

  84,500

 

  44,810

 

  13,800

 

142,910

上表に掲げる金額とは別に生活費の冬期加算(暖房費)として、月額 2,070円を

   11月から翌年の3月まで徴収する。

 

    注1:  上表における「対象収入」とは、前年(利用開始日が1月から3月ま

          での間である場合は前々年)の収入(社会通念上収入として認定するこ

          とが適当でないものを除く)から、租税、社会保険料、医療費等の必要

          経費を控除した後の収入をいう。

 

    注2:  夫婦で入居する場合については、夫婦の収入及び必要経費を合算し、

          合算額の2分の1をそれぞれ個々の対象収入とする。なお、その額が

     150万円以下に該当する場合の夫婦のそれぞれの事務費徴収月額は7,000円とする。