木山弾正 剛の者・・・弾正祭
木山弾正無念坂

以下は仏木坂の説明板より、

 豊臣秀吉が天下統一をして間もなく、天草は小西行長の支配下となった。
行長は宇土城の普請を志岐麟泉ら天草の5人衆に命ずるが、彼らはこれに従わない。

怒った行長は、ここ志岐城の麟泉を攻めるが、もろくも破れて加藤清正に援軍を求める。
これが俗にいう天正の天草合戦である。
この折りのこと、乱戦の中、本戸城の客将木山弾正は、ひたすら清正を求めて、つき進み、
ようやく巡り合って、ここ佛木坂での一騎打ちとなった。

片や虎退治の勇将清正、対するは怪力無双の猛将弾正、
組んず解れつの戦いは一刻に及ぶが、なかなか勝敗がつかない。
あたりは、もはや黄昏れて視界もきかない。

この時のこと駆けつけた弾正の家臣が「ご主君は何れに・・・」と声をかけると、
生来吃り(どもり)の弾正は返事ができない。

咄嗟に答えたのは組み敷かれていた清正である。
「弾正は下に・・・」と。

あわれ弾正は清正に馬乗りになっていながら家臣の槍で落命したという。




どうもこの写真では前下がりの坂なのか、前上がりの坂なのか
良く分からないが、実際に行って見ると、
どう見ても前下がりに見える。
車をニュートラルにすると、どんどんバックしてくる。
ビデオを撮りながら、夏なのに鳥肌が立ってしまった。
 
 木山弾正って誰?
 無念坂ってどこ?
 兜梅ってなに?
 横手の五郎って?
 首掛け石ってなに?
 ねこぼこ石って?
 弾正祭はいつ、どこで?
 
 
 HOMEへ戻る