(PAGE - 1)

西太后

 昔昔、中国はしん代の末期に 満州族であるエホナラと云う女性がおりましたそうな。 彼女は17歳で,いほうーていのごくうに入り、どうじていを出産し、せいたいごうとなりました。

(PAGE - 2)

 いほうていが死亡後は息子のどうじていの後見で垂簾政治を行い、絶大な権力を振るいました。どうじていの死後は妹の子のこうしょていを皇帝に据え、全ての実権を握り、莫大な軍事費を流用していわ園の石船を造らせたのは有名です。

(PAGE - 3)

 自分の死期が迫り、幽閉していたこうしょていを殺害し、2歳の溥儀を皇帝に据えたが、せいたいごうはまもなく亡くなりました。辛亥革命によってしん朝が滅亡して溥儀はし禁城を追われ天津に住みましたが、日本軍に利用されて満州国の皇帝となりました。

(PAGE - 4)

 敷地面積72万平方km、建物だけで999棟もあった宮殿で、ここはだいわ殿です、皇帝が政務を行い、重要な儀式(即位式等)に使われました。映画「ラストエンペラー」(溥儀の生涯を綴ったもの)に実写されました。

(PAGE - 5)

 宝石類は蒋介せきが台湾に持ち去りましたが、歴史の建造物は残っています。これはNASAから撮ったし禁城の宇宙からの写真です。広大なし禁城の様子がよくわかります。今はし禁城は故宮博物館として世界遺産になっています。[おわり]

<<   <   >   >> <<   <   >   >> <<   <   >   >> <<   <   >   >> <<   <   >   >>