高野山は、およそ1200年前に、弘法大師によって開かれた、真言密教の修行道場であり、全国に広がる高野山真言宗の総本山です。
標高およそ900m。

山の上の盆地に、壇上伽藍と称する聖地があります。そこには、さまざまなお堂や塔が立ち並び、 仏像や曼陀羅が参拝者を迎えます。

また、うっそうと杉の樹の茂る奥の院には、太閤秀吉から太平洋戦争の英霊まで、さまざまな人々のお墓が立ち並んでいます。

平成16年7月7日に高野山は「紀伊山地の霊場と参詣道」として世界遺産に登録されました。

高野山には、今も大勢の信者や、四国八十八カ所の霊場を巡ったお遍路さんたちをはじめ世界から大勢の人々が、参詣に来られます。
いつの日も、御仏の慈悲の心をこめて、訪ねる人々をやさしく迎える聖地(高野山ホームページより

高野山総本山

山上の聖地高野山

和歌山・・8札所

4月8日朝宮崎を出て34日で無事帰途に
長い徒歩での道のり自分でも良く頑張ったなぁ〜とウルウル(×_×;)
和歌山より夜汽車で博多まで行き宮崎行きバスに乗りかえて
バスセンタ-に14日午前0時半着・・自宅・・